スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【公演告知】第8回Klingenkette~音のネックレス~ 山田耕筰とジャポニズム

二期会オペラ研修所の同級生と開催しているKlingenkette(クリンゲンケッテ)に久しぶりに出演します(´∀`*)

Klingenkette vol8_20160318

私は第49期の研修生だったのですが、マスタークラスの時に中村健先生のクラスに所属しておりました。
たいへん仲の良いクラスだったので、修了しても何かつながりをもってコンサートを続けられたらいいなぁと思い、
発起人となりましてコンサートを開催したのが修了した年の2006年。

以来、幹事持ち回りでその時の幹事の個性を生かしながら10年経って8回を重ねることができました。

今年のテーマは生誕130年を迎えた山田耕筰作品とジャポニズムをテーマにお送りします。

私は
山田耕筰作曲 「この道」
プッチーニ作曲 歌劇「蝶々夫人」から 「花の二重唱」(スズキ役)
の他、諸々歌います。
コンサートの間、ちょこちょこ舞台に登場すると思われます。あはは♡

久しぶりにスズキを歌いますが、プッチーニ作品はこのスズキ役ぐらいしかご縁がなく(笑)…貴重な機会を楽しんで演奏できたらと思っています。

日頃日本歌曲を歌う機会が少ない私にとって、今回のコンサートは滅多に聴けない私の日本歌曲の演奏がお聴きいただける機会となりそうです((((;´・ω・`)))
だれも知る名曲「この道」を歌うという…(;'∀')ワナワナ

山田耕筰はドイツの作曲家R・シュトラウスの影響を受けているのですが、日本の作曲家の中では一番好きな作曲家なんです!
今回演奏する曲だけでもその作品の多彩さを感じ取っていただけると思います。

そして、もしかしてもしかすると、健先生の歌もお聴きいただけるかもしれないし、しれないし…当日のお楽しみです!!!

■□■□■□■□■□■□

第8回 Klingenkette(音のネックレス)~山田耕筰とジャポニズム~
 
2016年3月18日(金)18:30開演 けやきホール(代々木上原駅より徒歩3分)
 ★夜の公演としては少し早めの18:30の開演となります。お間違えのないようご注意ください!
 
◆出演
監修・特別出演
 中村健先生
ソプラノ
 大場恭子 小山由梨子 三本久美子 村田ゆう子
 山口和子 山村紗矢香 吉川かおり
メゾ・ソプラノ
 池野博子 上田由紀子
バリトン
 小林昭裕
ピアノ
 真島圭

◆チケット
全席自由 2,500円
 ★メッセージをお送りください。ご用意いたします。

■□■□■□■□■□■□

皆様のご来場を心よりお待ちしております(^-^)/

スポンサーサイト

【ご案内】第30回 智の会

師事しております島崎智子先生の門下生の会、「智の会」で久しぶりに歌います(^∇^)ノ

智の会30_20160116

今回はJ.マスネの歌劇「ウェルテル」から人妻シャルロッテが歌う「手紙のアリア」を歌います。

ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を原作としているこのオペラ。最初から最後まで本当にドキドキしっぱなしのオペラです。
ときめきのドキドキではなくて、ちょっと怖い方のドキドキです。(だってウェルテルったら暗いんですもの。。。)
それにマスネの音楽が煽る煽る。

昨シーズンだったかな、METライブビューイングでカウフマンの「ウェルテル」を観て、「なんだこの歌手は~~っ。ウェルテルそのものじゃないか~~っ」とびっくりしたことを思い出します。

シャルロッテは結婚前にウェルテルと出逢って互いにひかれあったのですが、シャルロッテはすでに婚約していたため、結ばれることなくシャルロッテは結婚してしまいます。
しかしウェルテルはあきらめません。。。というかしつこいです(笑)
シャルロッテが夫と教会に行く様子をウェルテルが遠くから眺めていたり、二人がでてくるまで待ち伏せしていたりで、ウェルテルはっきり言ってストーカーです(^^;))))
で、シャルロッテはウェルテルに街から出ていくことを勧めてクリスマスに会うことを約束します。
そしてクリスマス・イヴにシャルロッテは、これまでウェルテルからもらった手紙をつい読み返してしまい、苦悩するのです。
なんで街から出て行ってなんて言ったのだろう、クリスマスに会いましょうなんて言ってしまったのだろう、と。
だってまだウェルテルのことが好きだから…。

この苦悩している場面で歌われるのが、「手紙のアリア」です。

そういうわけで正月早々、クリスマス・イヴの歌を歌います(。-_-。)

この会ではいつも新曲に挑戦することを自分に課していたのですが、この会で歌い始めて10数年、初めてこのルールを破ってこれまでのレパートリーの中から歌うことにしました!!
久しぶりに歌うこのドラマチックな曲、今の私の声ではどう歌えるか挑戦です。


■□■□■□■□■□■□

第30回 智の会

2016年1月16日(土) 17:30開場 18:00開演
台東区生涯学習センターミレニアムホール

◆チケット
全席自由 1,000円
 ★メッセージをお送りください。ご用意いたします。

■□■□■□■□■□■□

私の出番は一般Bの10番目です。

ご来場お待ちしております(^-^)/

【ご案内】二期会ドイツ歌曲演奏会 ロマン派後期作曲家によるドイツ歌曲の夕べ

所属しております二期会ドイツ歌曲研究会の演奏会に出演いたします。
今年のテーマは後期ロマン派の作曲家、H.ヴォルフ、R.シュトラウス、J.マルクスの作品です。

二期会ドイツ歌曲研究会20151016チラシ

私はR.シュトラウスの作品から4曲を歌います。

 ああ恋人よ、私は別れねばならない Op.21-3
 白いジャスミン Op.31-3
 黒髪を広げておくれ Op.19-2
 どうすればそれを秘密にしておけるだろう Op.19-4

どの作品も素敵な曲ですよ~。
特に「黒髪を広げておくれ」は、好きすぎて歌いながら涙がでそうになります・゚・(つД`)・゚・
当日の何が心配って、そこです。
泣かないようにしなければ。。。

私をサポートしてくださるピアニストは赤塚太郎さんです。
「白いジャスミン」はピアニストとのアンサンブルが聴きどころ。(←難しいということですよん)
二人で試行錯誤していますが、それもまた楽しい作業です(*´v`)

実はこの曲は藤村実穂子さんがリサイタルで歌っていらっしゃるのを聴いて、
「すてきな曲だな~、いつか歌ってみたい!」と思った曲なのです。

R.シュトラウスの歌曲の中でもどちらかというとあまり演奏されない方の曲だと思うのですが、
初めて聴いた方に「すてきな曲だな~、歌ってみたい!」と思っていただるように演奏したいですっ!


私を含め12名の歌手により42曲が演奏されます。
これだけまとめて聴ける機会もあまりないと思います!
ぜひお運び下さいませ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

二期会ドイツ歌曲演奏会演奏会 ロマン派後期作曲家によるドイツ歌曲の夕べ

2015年10月16日(金) 18:00開場 18:30開演
ヤマハホール(銀座)

◆チケット
全席自由 4,000円
 ★池野までメッセージをお送りください!ご用意いたします。


◆演奏曲
 詳細は二期会HPをご覧ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

私の出演は後半のトップバッターです。

10/16(金)は銀座でお会いしましょう~~(^-^)/

【ご案内】パーセル作曲「ディドとエネアス」 バウムクーヘン室内管弦楽団第4回定期公演

ディドとエネアス20151009チラシ

第1部
 J.S.バッハの作品
第2部
 パーセル作曲「ディドとエネアス」(演奏会形式)

の二部構成です。
開演前には指揮者宮嶋秀郎氏が作品の解説、オペラのあらすじを説明するプレトークがあります。
こちらもぜひお聞きください!

□■□■□■□■□■□■□■□■□
バウムクーヘン室内管弦楽団第4回定期公演
パーセル作曲「ディドとエネアス」


 2015年10月9日(金) 18:30開場 19:00開演 三鷹市芸術文化センター風のホール
 (18:45よりプレトークを行います。)

◆チケット
 全席自由 4,000円

◆プログラム
第一部
 J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲ホ長調 BWV1042
  ヴァイオリン・ソロ 深津悠乃
 J.S.バッハ 結婚カンタータ BWV202
  ソプラノ・ソロ 岡田麻衣

第二部
 H.パーセル 「ディドとエネアス」(演奏会形式・原語上演)
  ディド   小林美央
  べリンダ 川口翠
  第二の侍女 水野裕子
  エネアス 中尾遊
  魔法使いの女 池野博子
  魔女Ⅰ  矢崎裕加子
  魔女Ⅱ  国分遥香

指揮 宮嶋秀郎
管弦楽 バウムクーヘン室内管弦楽団
コンサートミストレス 遠藤記代子

★チケットのご用命は池野まで!メッセージをお送りください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ディドとエネアス」は一度歌ってみたいオペラでした。
今回は魔法使いの女という超悪役で子分の魔女たちを引き連れて登場します。
稽古場ではすでに「ボス」と呼ばれています( ̄^ ̄)ゞ

嫉妬心から(普通の人間なら日常生活では絶対に言えないような)酷い言葉を口にしたり、悪い考えをもっている役ですが、これは人間なら誰しも心の奥に持っている感情ではと思います。
タイトルロールの二人を不幸に陥れる張本人なのですが、いつも遠隔操作です。決して自分で手を染めません。
どうですか皆さん、実際にはやらないけれど、ちょっと悪いこと考えてしまうことってありませんか?
そんな人間の陰の感情を集約させたような役が「魔法使いの女」だと思って演じています。
自分の思惑通りに事が進むと喜びの音楽に満たされるところなど、とても単純で憎めないところもあるのですが、皆さんはどうお感じになりますでしょうか?
ぜひ、当日会場でご確認くださいね!

このオペラの見せ場は何といっても最後のディドのアリアだと思います。
本当に美しく切ない旋律…これが今から300年以上前に生まれていたんですよ!

1時間ほどのコンパクトなオペラですが、さすが演劇の国イギリスの作品だけあって、話がすんなり入ってきます。
まったく古さを感じさせない優れた作品だと思います。

10月9日(金)はノー残業で三鷹へGo!!!

【ご案内】スクール公演 : 香港日本人補習授業校

前回、香港のイベントで歌うかもしれません!とご案内したのですが、
正式に決定いたしましたのでご案内いたします。


■香港日本人補習授業校(油麻地)こどもの日の行事
 2015年5月9日(土)11:30~

この補習校に通う日本人の小学生に向けのイベントです。
ですので一般の方は残念ながらお越しいただけません。。。
こどもの日にちなんだ唱歌を中心に、子供たちと一緒にうたいます。
今回は私単独で訪問しますので、なんと、弾き語り!初の試みだ~~~(;'∀')

海外に住む日本人の子供たちにスクール公演をするのは私の夢のひとつ。
これをライフワークにしたいと思っています。

ですので、以前こんな企画をクラウドファンディングにかけたのですが残念ながらその時は未達に終わりました。
もちろん、実現しようと思っていますよ!

海外赴任の子供たちとオペラ歌手の共演

今回はこれに先立ち、香港でやってみようと動いてみたところ、補習校の方がこの企画にご協力いただけることになり、実現する運びとなりました。

子供たちが喜んでくれるといいな~と、ワクワクしているところです。

香港は大好きな地です。
香港のパワーに触れることができるのも、楽しみです!

この活動を続けるには私一人では難しいものがあります。特に現地の学校や保護者の方々の協力が不可欠です。
賛同してご協力くださる方が増えるといいな~と思っています。

がんばるぞー!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。