スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト ピアノソナタ Nr.11 弾き比べのニュースに寄せて

「モーツァルト作曲 ピアノソナタ Nr.11 A-dur K.331 の第1楽章、第2楽章の自筆譜が新たに発見された」
といニュースが報じられたのは2014年9月24日のこと。
このソナタは「トルコ行進曲」で有名な作品で、ピアノを習ったことがある多くの人が弾いたことがある曲だと思います。

従来の楽譜での演奏と、新しく発見された楽譜での演奏の引き比べの演奏会が開かれたというニュースが出たのが2015年11月28日。
もう2か月以上前のこのニュースがなぜか今頃SNSに流れてきました。

この弾き比べのコンサートで演奏なさったのが、モーツァルトの研究者でピアニストの久元祐子さん。

それでちょっとした思い出話をひとつさせてください。

今から20年前になりますが、私がまだ声楽を始めて間もない頃、たぶんまだ2年経っているかどうかの頃ですが、
初めて大勢の聴衆の前で演奏した時のピアニストが、なんとこの久元祐子さんだったのです。
当時からモーツァルト研究で有名な方だったのですが、新宿区の主催で区民のための連続講座をご担当なさっていらっしゃいました。
もちろん久元さんご自身も演奏なさるのですが、区民も演奏に参加可能だったこの企画、毎回作曲家ごとにテーマを設けて進められました。

私はブラームスが大好きで、ブラームスの歌曲が歌いたくて声楽を習い始めたのが大学を卒業した年のこと。
無謀にも私はブラームスの回で「歌いたいです!」と申し込みをして、なんとOKがでてしまいました。

その時のテーマが「ブラームス・枯淡の境地」です。 渋い!!
大学出て間もなくのお肌の曲がり角も知らないような女子が「枯淡の境地」です( /ω)

その時演奏した曲がこちら。
 Sonntag 日曜日 Op.47-3
 Mädchenlied 乙女の歌 Op.107-5
 An die Nachtigall ナイチンゲールに Op.46-4
 Dein blaues Auge あなたの青い瞳 Op.59-8

そのうち久元さんに弾いていただいたのが、Sonntag以外の3曲です。

声楽を習っている方ならお分かりかと思いますが、習い始めてまだ2年で4曲通しで歌うって結構大変ですよね。
私は今は声楽を指導する立場にいますが、自分の生徒にそんなチャレンジは課さないなぁ。
ましてやブラームスですし、声もまだちゃんとでていない頃でしたし。
若気の至りとはこのことですね~(//>ω<)

でもその日の講座が終わった後に、舞台袖で震えてワサワサしていたら、お客様の一人がお越し下さって
「とってもよかったわよ~。あなたすごくいいお声をなさっているから、お勉強続けるといいわよ~」とおっしゃってくださったことが忘れられません。
ありがたいことですね。

それにしても久元さんに弾いていただいたなんて、なんとも贅沢な経験をさせていただいたものです。
当時も穏やかで、アマチュア全開な私にも優しく接してくださいました!

この時歌った4曲は今も大好きな曲です^^

Dein blaues Auge は 4月にまた演奏する予定です(^∇^)

スポンサーサイト

ウォーミングアップ

Encounterチラシ表

最近、↑このリサイタルも近いので、会社の昼休みに職場近くのスタジオで練習したりしています。
夜に稽古が入っていると、十分に発声の時間を確保できないまま稽古場に到着し、すぐに歌うことになってしまうのです。
以前は、まぁ、そういうことがあってもなんとなく声もでていたのですが、年を重ねるにつれ楽器を大切にする意識が高まってきました。
何より、喉にも悪いですからね!

ちょっとした空き時間に利用しているこのスタジオのオーナーさんが、私と同じ二期会メゾソプラノ会員の大先輩なのですが、
部屋から音が漏れていくので今取り組んでいる曲や発声練習も残念ながらすべて聴かれてしまいます(><)

でもそこはこの業界の掟、他人の声をとやかく言わない!
いつもスルーしてくださいます。(ありがとうございます)

先日スタジオに伺ったときに、帰りがけにちょっとオーナーさんとお話する機会がありました。
そして私にこうおっしゃったのです。

オ 「池野さんは本当にいいメゾね~。あなたの声、本当にいい声ね~。」

私 「エーーーーーっ! 本当ですか~~~?」

オ 「まず、あなたのウォーミングアップのしかたが最高よ!その方法をやっている人、滅多にいないのよ。
   でもね、今からそれをやっておくのは大事よ~。50代、60代になったらその音域が声帯が合わなくなってくるのよ、特にメゾは。」

私 「そ、そうなんですか!? 最近若いころと声が変わってきたな~って思って、すごくこの音域を試行錯誤しながらバランスを整えるようにしていたんですよ~。」

この日は、このスタジオにいって本当によかったと思いました。

メゾソプラノはソプラノに比べて圧倒的に数が少ない=先輩も少ないのです。
メゾならではの悩みというのがあるのですが、それを共有できるお相手なんてもう本当にいるかいないか。
だって、発声の悩みなんてそうそう人に打ち明けられませんもの。

声の悩みは尽きませんが、先達の言葉は経験に基づいている分、心に響きます。

私が今信じてやっていることがどうやら間違っていないらしいということがわかり、すごく勇気をいただけました。

リサイタルまでもう少し。

こんな風に日々悩み、自分と向き合いながら歌う今の私の歌を、どうぞ皆さん聴きに来てください!

チケットまだまだたくさんあります!

ご連絡をお待ちしております(^^)/

年次稲門会総会へ行ってきました^^

Tag


週末に年次稲門会の総会に行ってきました。

稲門会というのは早稲田大学の校友会とほぼ同義と理解しているのですが、世界中に様々な稲門会が存在しています。
私もすでに2つ入会しておりまして、一つはサークルのOBOG会である早混稲門会、もう一つは稲門女性ネットワーク、そして今回発足した1994年次稲門会で3つ目の稲門会への所属となりました。
稲門女性ネットワークというのは、早稲田出身の女性だけで構成されている稲門会でして、特徴は女子学生に奨学金をだしていることです。早稲田大学というのは女性が少ない大学で、その卒業生というのはなかなかの強者(!)揃い・・・アナウンサー、学者、政治家、弁護士、ご自分で事業を起こしていらっしゃる方など、刺激的な女性の皆さんにお会いできたらいいなと思って入会しました。もちろん、奨学金を出していることも大きな魅力で、留学生に対してもさまざまなサポートも行っているという、とても志の高い稲門会です。

今回所属することになりました年次稲門会は、同じ年に入学または卒業した人の集まりなので、ほとんどが同じ時を過ごしてきた仲間で構成されています。1学年1万人もいる早稲田大学で在学中に知り合える人なんてごく限られていますし、卒業後は消息がわからない友人も多いなか、同世代の友人を新たに作るのもいいな~と思って参加したのでした。

会場はこの大隈講堂裏手にあるカフェテリアという名の学食。
約100名の参加があったそうですよ。1万人の中の100名なので、1%の仲間に会えたわけです。すごいすごい。

早稲田ベア


こちら、早稲田のゆるキャラ(?)「早稲田ベア」です。たしか「課長島耕作」の弘兼さんが書いたキャラじゃなかったかな~。
本日の司会、フジテレビの佐野アナになにかつっこみを入れていますね。


佐野アナと


佐野アナと同期だとこのときはじめて知ったのでした!ミーハーなので、写真をいっしょに取っていただきました。(この写真はシェアしないでね)
当たり前ですが、すごく滑舌がよくて、マイクに声がよく通って、真の取り方も上手だし、声で場をコントロールできるってすごいことだなと改めて感じたのでした。
この後、マイクでのしゃべりについていろいろと教えていただきました。勉強になります!


現役応援団のみなさんのパフォーマンスとともに、みんなで「紺碧の空」「早稲田の栄光」「校歌」を熱唱。
右腕を振り上げて…いや、もうみんな右腕に違和感を感じながらf(^^;))))、学生時代に戻ったようでした。
あぁ、また神宮に行きたいな~。

応援団の動画をここにアップしたかったのですが、方法がわからず断念。今度チャレンジしてみます。


Nacht


懇親会が終わるともう外は暗くなっていました。
夜の大隈講堂もまた雰囲気があっていいですね。この講堂は思い出がいっぱいです。
合格発表がここに張り出されるのですが、その時のことを今でも鮮明に覚えています。思い出すと泣けてくる~~。


この稲門会、想像以上に楽しかったのです!
同期の皆様、来年も行うそうですから、今度は参加してみませんか?
みんな、せっかくだから名刺持参で来ようね。新たなビジネスが生まれるかもしれないからさ~。
幹事の皆様お疲れ様でした。

たまには音楽以外のイベントも楽しいね。

取材を受けました

取材


今日は7月26日(土)に行ったジョイントリサイタルに関連した取材を受けてきました!

私が音楽をするうえで大切にしているモノを持って行くことになっていたのですが、いくつかチョイスした中の一つがコレ。
本番の日には欠かせません!
カメラマンさんが物言わぬこの愛おしいコレに一生懸命話しかけて撮影してくださっています!

でもたぶん・・・

これはボツです(笑)

リサイタルの様子と今日のインタビューを合わせて素敵な記事にしていただけることになっています。
9月中旬からWEBで冬には冊子となって皆さんにもご覧いただけます。

今までも取材はたくさん受けてきましたが、今回のが一番豪華かも!

どんな仕上がりになるか楽しみです♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。