スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぶらあぼ」2014年12月号に広告掲載

ぶらあぼ2014年12月号p127

来月の今日は小森谷さんとのジョイントリサイタルの本番です。

というタイミングで「ぶらあぼ」2014年12月号に広告が掲載されました!
p.127の下段に載っていますので、ぜひお手に取って見てくださいね。

広告を出すということは…つまり…
多くの方にこの演奏会のことを知っていただき、会場にお越しいただきたいと思っているのです☆

「なぜ」って?

素晴らしい音楽会になるに違いないと確信しているからです^^

手前味噌ですが・・・

演奏曲がとにかくいいのです!!!
ゲーテの詩の美しさとシューベルトの旋律の妙。
R・シュトラウスの宝石のように輝く音の粒とオッフェンバックの泣ける音楽。

「オッフェンバックが泣けるですって?」と思ったそこのあなた! 「ホフマン物語」の音楽はグッとくるのですよ~~。

そして、小森谷さんのヴァイオリンの音色が素晴らしいのです!!!
まるで歌のようなヴァイオリンです(^^)

いいエネルギーをいただいて私の音楽にもいい変化が起こりつつあります。

本番までにどう変わっていけるのか、「ホフマン物語」のように
ミューズに見守られ、高みに上っていけるように…

私は今とてもワクワクしています。

ぶらあぼ2014年12月号表紙

 ↑
表紙はこんな感じだよん。

スポンサーサイト

年次稲門会総会へ行ってきました^^

Tag


週末に年次稲門会の総会に行ってきました。

稲門会というのは早稲田大学の校友会とほぼ同義と理解しているのですが、世界中に様々な稲門会が存在しています。
私もすでに2つ入会しておりまして、一つはサークルのOBOG会である早混稲門会、もう一つは稲門女性ネットワーク、そして今回発足した1994年次稲門会で3つ目の稲門会への所属となりました。
稲門女性ネットワークというのは、早稲田出身の女性だけで構成されている稲門会でして、特徴は女子学生に奨学金をだしていることです。早稲田大学というのは女性が少ない大学で、その卒業生というのはなかなかの強者(!)揃い・・・アナウンサー、学者、政治家、弁護士、ご自分で事業を起こしていらっしゃる方など、刺激的な女性の皆さんにお会いできたらいいなと思って入会しました。もちろん、奨学金を出していることも大きな魅力で、留学生に対してもさまざまなサポートも行っているという、とても志の高い稲門会です。

今回所属することになりました年次稲門会は、同じ年に入学または卒業した人の集まりなので、ほとんどが同じ時を過ごしてきた仲間で構成されています。1学年1万人もいる早稲田大学で在学中に知り合える人なんてごく限られていますし、卒業後は消息がわからない友人も多いなか、同世代の友人を新たに作るのもいいな~と思って参加したのでした。

会場はこの大隈講堂裏手にあるカフェテリアという名の学食。
約100名の参加があったそうですよ。1万人の中の100名なので、1%の仲間に会えたわけです。すごいすごい。

早稲田ベア


こちら、早稲田のゆるキャラ(?)「早稲田ベア」です。たしか「課長島耕作」の弘兼さんが書いたキャラじゃなかったかな~。
本日の司会、フジテレビの佐野アナになにかつっこみを入れていますね。


佐野アナと


佐野アナと同期だとこのときはじめて知ったのでした!ミーハーなので、写真をいっしょに取っていただきました。(この写真はシェアしないでね)
当たり前ですが、すごく滑舌がよくて、マイクに声がよく通って、真の取り方も上手だし、声で場をコントロールできるってすごいことだなと改めて感じたのでした。
この後、マイクでのしゃべりについていろいろと教えていただきました。勉強になります!


現役応援団のみなさんのパフォーマンスとともに、みんなで「紺碧の空」「早稲田の栄光」「校歌」を熱唱。
右腕を振り上げて…いや、もうみんな右腕に違和感を感じながらf(^^;))))、学生時代に戻ったようでした。
あぁ、また神宮に行きたいな~。

応援団の動画をここにアップしたかったのですが、方法がわからず断念。今度チャレンジしてみます。


Nacht


懇親会が終わるともう外は暗くなっていました。
夜の大隈講堂もまた雰囲気があっていいですね。この講堂は思い出がいっぱいです。
合格発表がここに張り出されるのですが、その時のことを今でも鮮明に覚えています。思い出すと泣けてくる~~。


この稲門会、想像以上に楽しかったのです!
同期の皆様、来年も行うそうですから、今度は参加してみませんか?
みんな、せっかくだから名刺持参で来ようね。新たなビジネスが生まれるかもしれないからさ~。
幹事の皆様お疲れ様でした。

たまには音楽以外のイベントも楽しいね。

ジョイント・リサイタル キックオフミーティングを開催しました!

Encounter2014 Kick-off mtg

「小森谷巧&池野博子 ジョイント・リサイタル~Encounter 出逢い~」のキックオフミーティングを開催しました!

それぞれ面識がありつつも、3人が一堂に会したのはこれが初めて!
私にしてみれば、キラキラなお二人のアーチストさまと一緒にお酒を飲みながら音楽のお話ができるなんて夢見心地なのですが、これは夢ではなく現実なのです!!!

演奏曲に関する話や、これまでのキャリアの話、休みの過ごし方…さまざまお話しました。ふふふ。
こういうお話って、普段の合わせの時にはなかなかできないので、とても貴重でした。特に休みの過ごし方のお話は。

これはご本人の許可をいただいていないので、今のところ私だけの秘密にしておきますが、演奏家というのは、もうなんというか「音楽道」をひたすらに歩んでいくものなんだな~っていうことを再認識したのでした。うむ。

もうひとつ面白かったのは、3人一斉にしゃべり始めて誰もやめない時が何回かあったこと^^

まるでオペラのワンシーンですよ。三重唱。
いや~、みんな芸術家だねって思った瞬間でした(^^)

小森谷さんも佳代さんも私にとってはキラキラな存在ですが、こんな私を温かく迎えてくださって本当に心強いです。
お二人からエネルギーをいただいて、「いい演奏会にするぞーっ」と思いを新たにした一夜となりました。

皆様どうぞ12月18日(木)をお楽しみに!
チケットのお申込みは、encounter2014.vn.mez@gmail.com まで。
ご連絡おまちしております!

Encounterチラシ表
Encounterチラシ裏

【ご案内】小森谷巧(Vn)池野博子(MS)ジョイント・リサイタル~Encounter 出逢い~

Encounterチラシ表

Encounterチラシ裏

□■□■□■□■□■□■□■□■□

小森谷巧(Vn)池野博子(MS)ジョイント・リサイタル~Encounter 出逢い~

2014年12月18日(木) 18:30開場 19:00開演
JTアートホールアフィニス(JTビル2階)
※東京メトロ虎ノ門駅より徒歩4分

◆チケット
全席自由 5,000円

◆後援
公益財団法人読売日本交響楽団、公益財団法人東京二期会

◆出演
 ヴァイオリン
   小森谷巧(読売日本交響楽団コンサートマスター)
 メゾ・ソプラノ
   池野博子(東京二期会)
 ピアノ
   山口佳代

◆演奏曲
シューベルト
 ヴァイオリンソナタ イ長調 D.574(小森谷)
 ゲーテの詩による歌曲より(池野)
  糸を紡ぐグレートヒェン D.118
  湖上にて D.543
  ガニュメート D.544

オッフェンバック
  歌劇「ホフマン物語」より
   “真実は井戸から”というけれど(池野)
   見たまえ、わななく弓の下で(池野・小森谷)
   あなたの心の中の灰から天賦の才が燃えたつのです(池野・小森谷)

R・シュトラウス(プシホダ編)
  歌劇「ばらの騎士」より
    ワルツ(小森谷)

 ・・・他

□■□■□■□■□■□■□■□■□

【Encounter出逢いに込めた意味】

 小森谷さんとの<出逢い>はなんと20年前!
 「いつか共演させていただくのが夢なんですよ~」という一言が時を経て実現することになりました。
 ヴァイオリンとメゾ・ソプラノの演奏会は珍しい組み合わせです。この組み合わせでなければ聴くことのできないプログラムをご用意いたしました。上記の他にも、たくさんのヴァイオリン&メゾ・ソプラノの曲をご用意いたしました。
 声楽ファンの方はヴァイオリンのコンサートにはあまり足を運ばれないかもしれません。そんな方には小森谷さんの歌うようなヴァイオリンを是非お聴きいただきたいと思います。
 ヴァイオリンや室内楽のファンの方は声楽のコンサートにはあまり足を運ばれないかもしれません。そんな方には人間の声という楽器を是非お楽しみいただきたいと思います。
 そうです、お客様にも普段なかなか聴かない曲目との<出逢い>を楽しんでいただきたいのです。
 小森谷さんと私が選んだプログラムは、ずばり、シューベルト。前半はシューベルトの作品をご堪能いただきます。
 そして後半は皆さんをオペラの世界にご案内いたします。オペラの中のヴァイオリン、オペラアリアとヴァイオリン…この二つの<出逢い>で皆さんを日常とは別の空間にお連れしたい!!
 弦と声の出逢いがこんなにも素敵だなんて…そんな風に感じていただける演奏会を室内楽、声楽との共演に定評のある素晴らしいピアニスト山口佳代さんのあたたかいピアノにのせて提供したいと思っています。 
皆様お誘いあわせの上、ご来場をお待ちしております!



★チケットのご用命は下記にご連絡ください。
encounter2014.vn.mez@gmail.com

★Facebookページはこちらです。コンサートや出演者に関する情報をお届けしています。
  ぜひ「いいね!」してくださいね。情報を更新するたびにお知らせ届きます^^
https://www.facebook.com/encounter2014.vn.mez

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。