スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミャンマー音楽事情】 スさんとの出会い

Su Zar Zarさんと

先日、ミャンマーの音楽家、ス・ザ・ザさんとお会いしてミャンマーの音楽事情についてお話を伺いました。

私がスさんを知ったきっかけはNNAという通信社が発行している情報誌「カンパサール」です。
スさんが紹介されていた記事を読み、グッときたのでした。

記事はこちら。
「カンパサール」2015年1月号

スさんはミャンマーの国立音楽大学の教員をなさっていらっしゃるのですが、2008年から東京芸術大学大学院に留学なさっています。専門は民族音楽だそうです。
ご自身はヴァイオリンも竪琴もも演奏なさいます。
このたびめでたく、博士論文が受理され、博士号を取得なさったそうです。
すごいですね。日本語で音楽学の博士論文を書いたんですよ。日本語は日本に来てから学んだそうですよ。
なんてすごいんでしょう。


竪琴といえば私たち日本人にとっては「ビルマの竪琴」を思い出すのですが、もうね、日本人にとって衝撃の事実をスさんから聞いてしまいました。

衝撃の事実1 ☆ 竪琴は立って演奏しない
 床に座って演奏するか、椅子に座って演奏するか…立って演奏はしないそうです。

衝撃の事実2 ☆ コードをボロロ~ンとは演奏しない
 二本の指だけで演奏するので、映画の様に「ボロロ~ン」とは演奏しないそうです。あれはハープの吹き替えじゃないかと。

衝撃の事実3 ☆ お坊さんは竪琴を演奏しない
 ミャンマーの仏教はは小乗仏教。お坊さんは音楽禁止!お経さえ、一つの音を伸ばすことは禁止だそうです。お坊さんが竪琴を弾くなんて絶対ないそうです。

OMG!
「ビルマの竪琴」って中学生の頃に学校の体育館で観た記憶があるのですが、「水島~、一緒に帰ろう」とか「埴生の宿~♪」とか、随分感動してみていたのに、実は突っ込みどころ満載の映画だったんですね。。。

「埴生の宿」はイギリスの作曲家、ビショップのオペラ「ミラノの乙女」の中で歌われた「Home! Sweet Home!」という曲です。なので、日本の歌ではありません。
でもなぜ日本人にこれだけ浸透しているかというと明治22年に「唱歌」として中学校の教材に掲載されたことがきっかけのようです。邦訳がつけられ学校教育を通してヨーロッパの音楽が日本に入っていきました。

この「唱歌」ですが、昔は学校での音楽の授業のことを「唱歌」と呼んでいたようです。明治22年は1890年。120年以上前に入ってきた曲が今も歌い継がれているってすごいと思いませんか?
他にもそういう曲がたくさんあって、私たちは当時の文部省の方々には感謝しないといけないですね。素晴らしい曲をたくさん紹介してくださったおかげで、日本には世代を超えて歌える曲がたくさんあるのですから。

この「唱歌」に関する話をスさんにもしたのですが、ミャンマーにもそういうものがあるのか聞いてみたのです。
ミャンマーの学校では音楽は必修ではないそうです。選択授業なので、先生の裁量で体育のような授業だったりすると音楽に触れる機会がない子供もいるのだそうです。

スさんは、音楽が人が生きていくうえでなくてはならない素晴らしいものだということを教育を通して伝えたいという考えていらっしゃり、国の音楽教育制度を作っていきたいという大きな志をいだいていらっしゃるのです。

自国の音楽の次世代への継承、音楽教育の確立、外国へのミャンマーの伝統音楽の紹介…こういったことに情熱を傾けていらっしゃいます。

このあたりが、私がこれから力をいれていきたいと思っていることと通ずるものがあるな~と思っています。

昨年夏にシンガポールに行った時も感じたのですが、日本の唱歌って実は世界的にも特殊なものなんじゃないかと。
教育制度の中にガツンと取り入れたことが日本が音楽が盛んになったことに一役買っているのでは??と思ったりするのです。

「新興国は経済的に豊かじゃないから、まだまだこれから」というのは確かにそうかもしれないのだけど、明治の日本が経済的に豊かだったかといえばおそらくそんなことはなく…やっぱり教育の中にそれがあったかどうかが大きい。

今回、スさんとお会いした中でもう一つびっくりしたことがあります。それは…

ミャンマーにはグランドピアノが1台もない…ということです。

国立芸大にも1台もないそうです。アップライトピアノで練習、音大生がですよ。
かなり衝撃的でした。
なんとかできないものでしょうか?

うちの実家にすらグランドピアノがありますよ。

家で物置になっているピアノ、ありませんか?
中古の楽器屋さんで捨てようと思っているピアノ、ありませんか?
輸送費、30万円位ポーンと出してくれる素敵な大人の方はいらっしゃいませんか?


ミャンマーにグランドピアノの1台ぐらい、送ってあげたいなぁ。

なんとかならないかなぁ。

今、それが実現できるように思いを巡らせ始めたところです。

ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご連絡ください!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。