スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【終演しました】ラフマニノフ「晩禱」第21回全曲演奏会

晩祷21回プログラム表紙

近年には珍しく冷え込んだ「晩禱」となりました。
この演奏会は毎年10月の下旬に行っているのですが、本番の前日の東京は12月上旬並みの陽気だったとか。
当日はお天気に恵まれたものの、夜はやはり冷えました。

なぜお天気の話をしているかといいますと、会場である東京カテドラル聖マリア大聖堂の内部はコンクリート打ちっぱなしで天井がどこまでも高いのデザインになっていまして、私たち合唱団は祭壇の階段の上で歌います。その祭壇が石造りなので、足元からとても冷えるのです。
これは演奏者ばかりではなく、お客様にとっても同じです。暖房は入っていないと思いますので、2時間ひたすらに聴きつづけるお客様にとっても寒さ対策は重要なポイントになります。

毎年「晩禱」を全曲歌うほかに、ロシアの合唱作品を2曲ほど歌っています。
今年はラフマニノフ作曲「聖金口イオアン聖体礼儀」作品31の中から第1番、第2番を演奏しました。
第2番はとくにアルトがまさに修行僧のようでして、詩編をひたすら詠みすすめるのですが、う~ん、苦労しました!


公演のご案内でも触れましたが、「晩禱」に取り組み始めて今年で9年目となりました。
毎年自分の体も声も変わりますし、他の出演者の方も同様です。メンバーも少しずつ入れ替わっています。マエストロも毎年同じ音楽をなさることはありません。

私は毎年の公演に課題を設定しています。その内容は秘密ですが、この部分をもっとこう歌いたいということもあれば、声のコントロールに関するときもあります。それに対して終演後は振り返りを行ってさらなる高みを目指して日々研鑽に励むということの繰り返しです。(この作業は会社員魂全開ですね!!)

実はここ2年ほど自分自身に歯がゆい思いをしていまして、今年はどれだけ自分にリベンジできるか…な~んて試みも行ってみました。

結果、9年目にして初めて、少しだけ曲に対して俯瞰的に取り組めたのかもと、新たな手ごたえを感じて終えることができました。もう一度言いますね、「少しだけ」です。

これは歌っている人にしかわからない感覚だと思いますので、詳しくは書きません。来年の講演まで大事に心の中に収めておきます^^

さて、当日聴きに来てくれた生徒さんと生徒さんのお母様が、終演後に楽屋に会いに来てくれました。生徒さんのお母様が「先生はかわいい」って言ってくれたのですが(滅多に言われないので、ありがたいお言葉として心の貯金にしておきます)、生徒さんからは次の一言が…

「でもねぇ。先生、プログラムに載ってるあの写真はちょっとどうかな~。いくらなんでも若すぎるわ。」

と、キツイ…いや、まっとうなダメ出しをくらいました(><)

その写真がコチラ
 ↓↓↓

晩祷21回プログラム_プロフィール

…ですよね~~(;'∀')

これ7年前に撮った写真です。痩せてましたね~。
この写真、結構気に入っているのですが、「晩禱」のプログラムにしか使ってなかったのです。
来年は違う写真にしましょうかね。



おあとがよろしいようで。



■ 東京トロイカ合唱団 ラフマニノフ「晩祷」全曲演奏会
2014年10月24日(金) 19時開演
東京カテドラル聖マリア大聖堂
指定席 5,000円 自由席 4,000円

指揮:河地良智
合唱:東京トロイカ合唱団

演奏曲:
ラフマニノフ作曲「聖金口イオアン聖体礼儀」作品31より
 第1番
 第2番

ラフマニノフ作曲「晩禱」作品37 全曲

アンコール:
ラフマニノフ作曲「晩禱」作品37より
 第6番


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。