スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【終演しました】小森谷巧(Vn)池野博子(MS)ジョイント・リサイタル~Encounter 出逢い~<前編>

Encounteプログラム

2014年12月18日(木) 全国的に冷え込んだこの日、無事に小森谷巧さんとのリサイタルが終了いたしました。

当日は、私の実家のある長野県北部は大雪に見舞われ、東京もまた大変風の強い一日となりましたが、お越しくださいましたお客様の温かい拍手によって出演者一同大変心に残る演奏会となりました。

公演が終わってからもう10日が経過するというのに、いまだにコンサートのご感想をメールやお手紙、直接お会いした方からいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

まず初めにシューベルトのゲーテの詩によるリートから4曲演奏しました。
公演プログラムには書かなかった選曲のあたってのショートコメントを。。。

・湖上にて
新しい世界への船出とコンサートの始まりを掛けてみました。曲の構成といい、転調といい、まったく飽きる瞬間のない曲。いい曲だなぁ。

・ガニュメート
この曲は私が声楽を習い始めた初期のころから好きで歌い続けてきた曲です。

・初めての喪失
初恋の美しい思い出とシューベルトの美しい旋律の共演。ゲーテの詩がやや大げさなところが、少しかわいい。

・糸を紡ぐグレートヒェン
ガニュメート同様、声楽を習い始めた初期のころから好きで歌っていたのですが、難しくて本番にかけるのを避けていた曲。でも今回ばかりはどうしても挑戦したかった曲。ドラマに溺れると声を失い、コントロールに走るとドラマを失う曲。やっぱり難しかった。

このあと小森谷さんのシューベルト作曲ヴァイオリンソナタイ長調を挟んで後半へ。

後半はR・シュトラウス「ばらの騎士」より ワルツ(プシホダ編曲)。
小森谷さんにこの難曲をお願いしたのはこの私ですf(^^)
どうしても「ばらの騎士」をプログラムに入れたかったのです。
そして、オペラとヴァイオリンが素敵に出逢える曲を…と考えたらこれしか思い出せなかったーっ!!

このあと、小森谷さんと私の出逢いや、なぜリサイタルを行うことになったのかなど、私が小森谷さんにインタビューする形でお話させていただきました。

そして最後はオッフェンバック「ホフマン物語」からミューズとニクラウスのアリア
ミューズとニクラウスはメゾ・ソプラノが一人で二役務めるのですが、いい歌がたくさん与えられています。
3時間以上にわたるこのオペラをなんとミューズ目線で20分で案内しちゃおうという画期的な(!)企画(^^)

1幕、2幕はミューズのちょっとオチャメな面を、3幕ではヴァイオリン付でこれぞミューズというアリアをお聴きいただき、5幕のフィナーレへ。
各アリアの前に少しずつ解説を入れながら進めました。
フィナーレではミューズが常にホフマンを見守り、受け入れる存在であったことがわかるのですが、本物の愛を知ったホフマンは詩人として再生するのですが、最後のシーンを歌い始める前に私はこう語って締めくくりました。

「みなさんにとっても音楽や芸術が辛い時も幸せな時も常に寄り添い続ける存在でありますように。」

まさにミューズがホフマンに対してそうであったように、音楽や芸術がそんな存在だったら素晴らしいなと思うのです。

私自身、つらいときに音楽に助けられてきました。
以前私の半生がNHKの番組に取り上げられたときにもこのことはお話しましたが、私は病気がきっかけで音楽家になることを決意しました。
病気によってたくさんのものを失いましたが、私は音楽によって助けられそして音楽とともに生きることを決断することができました。
そしてやっぱり音楽で人々に、世の中に貢献していきたいなと思っています。

そんな私の素直な気持ちをお伝えしただけなのですが、これがある方の心にズンと響いたということを後になって知ったのでした。


<後編へ続く>


■ 小森谷巧(Vn)池野博子(MS)ジョイントリサイタル Encounter 出逢い
2014年12月18日(木)18:30開場 19:00開演
JTアートホール アフィニス
全自由席 5,000円
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。