スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハフィントンポストに記事が掲載されました(2)

前の投稿の続きです。

それで、今、なんで2か月も前の記事をわざわざブログでまた取り上げているかといいますと、
最近、この記事を読んだ方からメッセージをいただいたからなんです。

私は10年以上前から様々なメディアで

 ・なぜ音大を出ていないのに声楽家になったのか
 ・なぜ会社員を続けているのか

というような内容で取材を受けてきたのですが、
いまだにそういうお話に反応があるということの表れですね。

最近は社員の副業を良しとする企業もたくさん出てきましたので、そういう文脈でも反応があるのかもしれません。
でも多くは

 夢をかなえたい
 でもうまくいかない
 でも困難を乗り越えたい

ということなのではないでしょうか。

ひとつ言えるのは、

 叶うまでやめない

ということです。
身もふたもないことを言うようですが、続けられることも才能のひとつかと思いますし、
そう簡単に結果はでるものではないです。

私も20代の頃、一度、勉強をやめたことがあります。
やめたというよりは、ストレスで顎関節症になってしまって、口を開けることができなくなってしまったのです。
一時は食事をとることも大変なほどになってしまったので、歌どころではなかったのです。

あぁ、その頃もつらかったなぁ。

でも、その時わたしには仕事がありました。

仕事が辛い時には歌がありました。

前の投稿で書きましたがプロフェッショナルの勉強に切り替えたときに
嫌がらせをしてくるしょーもないやつもいましたが、
異質の私を受け入れて、いっしょに学びの輪に入れてくれた友人もいました。
今もその友人たちは私の宝物です。

仕事が辛い時は、音楽の友人が私を助けてくれます。
音楽に向き合うことで自分に向き合うこともできます。
音楽そのものが私を癒してくれたり勇気づけてくれたりもしてくれます。
音楽を通じて知り合った人々から力をもらうこともあります。

でも、それも一瞬の魔法でできあがったものではなくて、
時間をかけて築き上げてきたものなのです。

今は辛いこともあると思うのですが、
少し距離をおいてもいいから音楽と繋がっているといいと思います。

自分の中で何かひとつでいいので満たされているものがあると
案外続けられるものです。

それは情熱でもいい、愛情でもいい、友情でもいい、お金でもいい、やりがいでもいい、
なんだっていいんです。

時によってそれが変化しても、全然かまいません。

万が一、何一つ自分のなかに満ちているものが無くなって、音楽を続けることに精根尽きてしまったら、
その時はやめてみればいいと思います。

そしてしばらくして、後悔の念が生まれるようだったら、また始めればいい。
その時は付き合い方を変えればいいんじゃないかなと思います。

今後わたしのもそういう瞬間が訪れるかもしれません。
そうなったときに燃えカスになっていないように、私は今からいろんな準備をしています。

なぜなら、音楽とは心地よい関係でいられる部分を持っていたいからです。

また長くなりました。

今日はこれぐらいにしておこうと思います。

また迷うようなことがあったらご連絡ください。

・・・とメッセージをくださったかたが読んでいるかどうかは謎ですが、
私自身も忘れないために書き留めておこうと思ったのでした。

ではまたヾ(o´∀`o)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。